クレジットカード現金化は違法なの?逮捕されたくない人必見!

MENU

クレジットカード現金化は違法!?真相を確かめる

クレジットカード現金化の違法性について解説

 

クレジットカード現金化はちょっとした金欠のときでもカンタンに現金を手に入れられることから多くの利用者が使っているとても便利なサービスです。

 

クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を売るだけで現金化できますし、審査ナシで即日中にお金を用意できますので金欠なときにはピッタリな方法だと言えるでしょう。

 

しかし、この方法が『違法ではないのか』という声もあります。

 

クレジットカード現金化は違法なのでしょうか?合法なのでしょうか?

 

今回はクレジットカード現金化の違法性について考えてみましょう。

 

クレジットカード現金化は違法なの?

現金化の違法性について解説

 

クレジットカード現金化が違法だとなれば利用をためらう人もいるでしょう。

 

やはり、違法性のある行為をするのは後ろめたいですし、「それによって逮捕されたら・・・」なんて考えたら現金化の利用なんてできませんよね。

 

結論から言いますと、現金化は違法ではないものの『黒に近いグレーなサービス』です。

 

というのも、たしかにクレジットカード現金化は法律によって規制されていませんので、今まで利用者が逮捕されたことはなく違法性のない行為です。

 

しかし、その実態は利用者に高金利でお金を貸し付けているというのも否定はできませんので『無許可の貸金業者』、つまり闇金と同等の扱いを受けることもあります。

 

事実、過去には実際に現金化業者が逮捕されたとの報道もありました。

 

現金化の違法性について解説

 

そのため、完全に白であるとは言いいきることはできないのです。

 

とはいえ、今までに現金化で違法とされたのはクレジットカード現金化業者だけで、利用者が逮捕されたことや警察に連れていかれたことは一度もありません。

 

つまり、利用者に害が及ぶことではありませんのでそこまで神経質に現金化の違法性を探る意味は無いでしょう。

 

日本の法律には『法の不遡及』がありますので、これからも利用者が罰せられることはありませんしね。

 

しかし、違法性の他にもクレジットカード現金化には利用停止のリスクも残っています。

 

現金化の違法性について解説

 

クレジットカード会社は現金化目的でのカードの利用を禁止しており、発覚した場合には厳しく罰しています。

 

そのため、現金化がバレてしまうとほぼ100%クレジットカードが利用停止にされてしまうのです。

 

ふつうに現金化を使っていれば、そうそうにカード会社にバレてしまうことはありませんが、換金性の高い商品の現金化や新規発行のカードでの現金化だと利用停止のリスクが格段に上がります。

 

安全に現金化をするためにも、利用停止のリスクが無い優良店を利用するなどの工夫をしたほうがいいでしょう。

 

クレジットカード現金化の違法性についてのまとめ

現金化の違法性について解説

 

クレジットカード現金化には違法性はありません。

 

しかし、それは絶対に安全ということではなく、クレジットカードの利用停止の問題もありますので注意しなければならないでしょう。

 

また、クレジットカード現金化で使った金額はカード会社に返済しなければならないというのも忘れてはいけません。

 

クレジットカード現金化で換金率100%になることはありませんので、利用者は必ず手に入れた金額以上の支払いをおこなうことになります。

 

そのことを忘れていると、いつの間にかとんでもない金額の借金ができてしまうかもしれません。

 

そのまま金利を返すためにクレジットカード現金化を利用してしまえば地獄の自転車操業となってしまいます。

 

現金化の違法性について解説

 

たしかにクレジットカード現金化は即日にお金を用意できる唯一の方法です。

 

しかし、だからといって無計画に利用するのは禁物です。

 

審査ナシで誰でも使えるサービスだからこそ、計画を立てて行動することが重要なんです。

 

自分の収入や支出をかんがみて、無理のない返済ができるように利用するのが良いでしょう。

 

計画的にクレジットカード現金化を使えば危険な目に遭わずにお金を用意することができますので現金化を利用するときは必ず意識して、換金率の高い現金化業者を利用することをオススメします。